3月8日(金)「魔王逝く」

白覆面の魔王ザ・デストロイヤーというと、必殺技四の字固め(フィギアフォレッグロック)を引っさげた希代の個性派レスラー。力道山、馬場、猪木等と数々の名勝負を繰り広げた、、、。180センチ程度だろうか、レスラーとしては大きくない。むしろ小柄の部類に入るデストロイヤー。が、その鍛え上げた鋼のような肉体は、ゴムまりのような感じ。スポンジが体にまとわりつくといった感じだっただろうか。その全盛期の力道山との死闘は、日本プロレス史に残る名勝負だったと聞いている。その後も、馬場、猪木、ブッチャー、マスカラス等と激闘を繰り広げたデストロイヤー。記憶に残るレスラーだった、、。「昭和を彩った名レスラーが次々と亡くなるなー」。これも、順番だからしょうがないか。

一時デストロイヤーと死闘を繰り広げたブッチャーは、近々引退試合を行うとか。レスラーもいろいろだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする