3月15日(金)「自動卓球」

「自動コンビニ」に「自動ジム」、はたまた「自動バス」など、自動の商品が得意な深セン。その深センでも、なかなか見かけないのが「自動卓球」だ、、、。先日、日本に帰った際に、知人が働く飲食店を訪ねた。その飲食店の隣で行われていたのが、自動卓球。折からの卓球ブームの影響もあり、この自動卓球、かなりの人気とか。この自動卓球、東京でも4店舗しかなく、会員もすぐに2−300人が集まったとか。ところで、この自動卓球、卓球のお膝元中国、その中でも自動好きの深センあたりでありそうなものだが、なかなか見かけない。卓球人口が多くて、土地も有り余っている深センでは、わざわざ自動卓球台を用意する必要もないのだろうが、、。自動卓球台の人気、どのように推移するのだろう。

自動卓球、どこかのタイミングで試してみたいものだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする