9月22日(水)「相続税100%?」

香港は、低税率国家だ。法人税率も個人所得税率も格段に低い。相続税は、数年前から廃止されてる、、、。日本から来港した知人と飯を食べると、日本、香港の法人税率、相続税に関する事が、よく話題になる。先日も、その話題で大いに盛り上がった。その中で、貿易業のM氏が面白い事を言った。日本の相続税、100%説だ。相続税を下げる話なら、腐るほどあるが、相続税100%とは、何とも大胆な意見だ。M氏によると、その政策による弊害(資金が海外に流れたり、細かな犯罪が増える等々)は、理解した上での説だ。利点は、2つとの事。まず、かなりの人が生きてる間にお金を使う(使わざるえない)ので、消費が増え、景気が良くなる。もう一つは、相続税100%によって、金持ちの子、貧乏な子の差がなくなり、真の意味での平等社会が出来ると、、。びっくりさせられたが、考えさせられる内容だった。

相続税なしの社会と、相続税100%の社会の比較、結構面白い。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 比叡山の乞食坊主

    世の中の全ての事件や出来事は、必ず背後にお金が絡んでします。人との争い、家族との争い、国家間の争い・・・、全てお金が絡んでいます。お金の魔力は、資本主義も社会主義も無いのですね。香港・中国・オーストラリア・米国・・・、相続税の廃止は国家戦略です。私はM氏の考えに、大賛成です。貧乏人で有る事に、感謝ですね。

  2. CWS社長

    確かにそうですね。
    この世の中の、問題の大半は、お金に
    関わる事ですね。
    ただ、かなり早い時期に、「お金史上」
    の考え方、変わるんじゃないですかね。

コメントする