9月23日(木)「効果的な宣伝」

前人未到の10年連続200本安打まで、あと3本に迫ったイチロー。今朝は、マリナーズ対ブルージェイズの大リーグ中継をTV観戦した、、、。トロント、ロジャー・スタジアムでのこの試合、よく目に飛び込んでくるものがある。「HSBC」の4文字だ。注意して見てると、一番映るのが、バックネット下の看板。これは、TVが、1珠1珠試合を追っていくので当然だ。ただ、「BUDWEISER」とか「HONDA」の看板が1回毎に変わる。外野にも、「STANLEY」とか「NIKON」の看板がでてるが、目にするのは、外野フライとかホームランの時ぐらい。多分、中継を通じて一番目にするのは、ブルージェイズの1塁側ベンチの中、後部に掲げられた「HSBC」の宣伝だろう。名物監督ガストンが映し出される度に、HSBCの名前も目に入ってくる。この宣伝、球場に来た観客には効果薄いが、TV観戦者へは効果抜群。上手な、やり方だ。

トロントは、バンクーバーと並ぶ香港移民者の多い街と聞く。HSBCとブルージェイズとの関係も強いんだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 比叡山の乞食坊主

    実際よりも優秀・優良であるかのように見せる宣伝手法の事を、過大宣伝(広告)あるいは誇大宣伝(広告)と言います。中国にはこの種の宣伝が、公共の電波でも溢れていませんか。ひょっとして、口コミが一番信用出来るのかも知れません。世界で認められる為には、国の宣伝も大変重要なのですね。

  2. CWS社長

    口コミが一番信用できるのは、間違いない
    です。
    地道な作業の積み重ね、が大事ですね。

コメントする