1月18日(土)「移民の街」

広東省の深セン市というと人口1400万人とも1500万人とも言われる大都市。いつ行っても、人でいっぱいのイメージがある、、、。用があり、朝、深センに向かった。先日、この深セン市でもコロナウイルスの新型肺炎の患者が出たが、人々は、殊の外、無警戒。マスクをしてる人間も少ないし、入官のチェックも厳しくない。誰も、気にしてないようにみえる。ところで、今日の深セン、どこもがらがら。これが、あの深センかと思うぐらい閑散としていた。移民の街深センは、旧正月前になると人々が自分の故郷に戻るため、ひっそりとなるのだろう、、。旧正月前の深セン、案外面白いのかもしれない。

賑やかな深センも刺激があるが、ひっそりした深センも悪くはない。

<空いた地下鉄で、子供もくつろいでる>

カテゴリー 日記

コメント

コメントする