3月1日(月)「国内取引希望」

関連会社の方で、日本の自治体と契約。地場の中小企業から、飴やお菓子などを購入。ローカルのスーパーや小売店に卸している。この際問題になるのが、日本の中小企業が国内取引を希望。海外からの送金を受けたがらない事だ、、、。これらの日本の中小企業、海外からのお金を受けたくても受けられないのか、それとも単にやりたくないのか、そのへんははっきりしない。が、これ結構問題だ。例えば、香港の店舗が日本商品を購入したい。しかし、肝心の日本のサプライヤーは、海外からの送金を受けられない(受けたがらない)、、。日本の中小企業の商品を世界中に届けやすくするのは、制度の見直しが必要なようだ。

各企業の商品を世界中に売るためには、「海外取引」避けて通れないものだと思うのだが。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする