5月1日(土)「鬱塞」

たまたま、知人から香港来港の経緯について質問を受けた。香港に住むようになったのが、1989年の4月。天安門事件の少し前。なので、もう来港32年になる、、、。香港に来た当初、香港歴20年、30年の先輩方にお会いする度に、「すごいなー」と思ったもの。月日の経つのは早いもので、いつの間にか、自分がその30年選手になった。ところで、香港に住み始めた頃は、天安門事件と1997年の中国返還。これらで、香港の人達が落ち着かない生活を送っていた(ように見えた)。月日は流れて、この2020年21年。反政府デモに長引くコロナウイルス蔓延。香港の人々にとっては、天安門事件後と同じような、鬱塞した日々が続いているように見える、、。早くコロナが収まればいいのだが、、

以前のような活気あふれる香港に戻るのは、いつの事だろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする