11月21日(日)「大混雑」

午前中、中国から香港へ移動したが、ものすごい込み方だった。どれぐらいだろう、4-5百人強は、待っていたんじゃないだろうか、、、。通関でかかった時は、人のウオッチングに限る。よくあるパターンが、痺れを切らした通行人が、通関係員に噛み付くケース。あちこちで、見受けられる。中国人だけでなく欧米人も、男ばかりでなく女性も執拗に抗議している。が、よく見ると、主張が通って先に進める人と、却下され追い返される人がいる。この差は、何だろう。交渉力の差、だろうか。しかし、通関員の気苦労も耐えないだろう。問題なのは、彼らではなく、そのシステムなのに、文句を言われ、批難される。慣れちゃいるだろうが、大変な仕事だと思う。

例えば、「ジャカルタ行きの飛行機は、14時発。そこでは、100億の仕事が待っている」。こんな場合、当事者はどうするだろう。急いでるのは、皆同じで、割り込みにくい。でも、割り込まないと飛行機に遅れる、この場合どうするだろう。

P1028[01]_20-11-10

大混雑の深セン湾口岸。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 比叡山の乞食坊主

    休みとも成りますと、どこのイミグレも混みますね。何が有っても全て自己責任ですので、余裕をもった行動を心掛けたいものです。私共貧乏人は朝が早いので、あまり問題には成りませんが・・・。

  2. CWSアドバイザー

    面白い発見もありますが、込み合った
    イミグレを見ると、がっかりします。

コメントする