11月24日(水)武漢①「武広高速鉄道」

広州南駅から、武漢までの距離は、1070キロ弱。その距離を、武広高速鉄道は、3時間半強で結ぶ。時速350キロ、世界最速の高速電車だ、、、。この世界最速電車、昨年末に開業。以来、広州ー武漢間を、15分に1本の割合で結んでいる。1時間に4本、かなりの本数が走る。が、どの電車も、ほぼ満席のようだ。広州も、湖南省の省都長沙も、湖北省省都の武漢も、どこも大都市、人の数が半端じゃない。また、広東省の工場で働く、湖南、湖北の人は多い。それやこれやで、この武広鉄道、いつも込み合っているようだ。本数が多いのは魅力だし、所要時間も短縮、料金も手頃、という事で、今後、飛行機から乗り換える人、かなり出てくるだろう。今後の中国内での移動、電車移動が増えそうだ。

広州南から、次の清遠までは、20分強。たくさんの香港人団体客が、この区間を、利用していた。やはり、世界一というのは訴えるのだろう。

P1252_24-11-10

ゆったりした武広高速電車内。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 比叡山の乞食坊主

    大都市の深センから、直通でいけないのが残念です。また広州南駅までのアクセスも問題ですね。鉄道沿線は栄えると言いますが、停車駅の問題も有り内陸部はまだまだの様です。貧富の格差がますます拡大しそうですね・・・・。

  2. CWSアドバイザー

    確かに、広州南までの、アクセスが
    問題ですね。
    でも、今後、間違いなく、利用者
    増えますよ。

コメントする