2月24日(木)「自立について」

知人から、相談を受けた。内容は、仕事と家庭問題、、、。自分自身で、問題解決しょうとする意思のある相談だったら、とことん付き合う。が、問題解決の意思がなく、単に、自身の正当性を主張したいだけ、その同意を求めたいだけの相談は、厄介だ。どんなに的確なアドバイスでも、届かない。知人の話を聞きながら、ふと、自立って何だろう、と思った。過剰な相談事は、自立と対極に位置するもの何だろうか。辞書で引くと、「自立」は、<他への従属から離れて独り立ちすること>、「相談」は、<問題解決のための話し合い>、とある。

自立には、年齢は関係ないような気がする。若くてして自立できる人間もいれば、80になっても、自立できない人もいる。不思議なもんだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする