2月26日(土)「一歩先」

1986年メキシコW杯の得点王で、元イングランド代表のリネカーは、超人的な動きをする選手ではなかったが、ポジション取りのうまさで、数々の記録を打ち立てた大選手だ、、、。毎週土曜の午前中は、息子のバスケット・ボール教室。久々に、見学に出かけた。小学生だと、子供たちのレベルの差が大きい。より上手な子がいるチームが勝つ、そんな感じだ。そんな中で、興味をひく子がいた。女の子で、特別身体能力が優れている訳でもない。でも、得点に絡むし、実際ゴールも決める。よく見ると、上手なのは、場所取りだ。他の子たちの、1歩、2歩、先を動いている。そのため、フリーにもなりやすく、シュートもうてる。10歩先ではなく、1歩先が有効なのは、仕事も同じ。このバスケット・ゲーム、いい勉強になった。

バスケットは、攻撃の際の強弱がはっきりしている。知的なスポーツだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする