6月23日(木)「効果的な一言」

日本在住の知人と、ネーザン通りを歩いていると、何度も、キャッチ・セールスに声をかけられた。「にせもの時計」、「社長」、「見るだけ」、いろんな客引きの言葉がある。が、その中に、効果的な一言があった。「すみません」という一言だ、、、。この言葉に、二人とも同時に振り返った。キャッチ・セールスの投げかけた一言だが、この言葉、効果的だ。日本人なら、何らかの反応をする。その反応者に、日本人好みの商品の売り込みに入る。知人も、笑いながらも、このやり方、上手だと言った。キャッチ・セールスも、闇雲に声をかけるより、絞り込んだ方が、より効果的だろう。「にせもの時計」や、「社長」だと、皆、聞きなれてるので、相手にしない。が、「すみません」だと、何だろうと振り向く、、。ここから、お店に連れてくまでが、大変だろうが、キャッチ・セールスも、極めれば、面白そうだ。

ところで、この「にせもの時計」の成功率、どれぐらいだろう。100人に1人ぐらいは、商品を見に連れ出せるのだろうか。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする