2月23日(火)「三人目の快挙」

テレビを見てたら、どこかで見た顔の人が出てきた。そうだ、龍馬のお姉さんだ、、、。今年の、ベルリン国際映画祭で、寺島しのぶさんが、最優秀女優賞に選ばれた。日本人女優の受賞は、至上三人目らしい。「龍馬伝」の中でも、強くて頼りになるお姉さん役だが、受賞作「キャタピラー」の中でも迫真の演技だったようだ。でも、日本人が、国際的な舞台で表彰されるのは、嬉しいものだ。国際的に評価される日本人が、もっともっと増えればいいなあー。

先日読んだ翻訳本で、ジャック・ニコルソンの台詞がでてきた。「真実は厄介だ」と。そういえば、ニコルソン主演の「シャイニング」「カッコーの巣の上で」も各賞を総なめにした記憶がある。何の賞だったかなー。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする