1月5日(火)「緊急事態」

香港から日本に移動したのが、昨年の12月15日。この間、香港入国の際のホテル隔離が2週間から3週間に延長。年初めに顧客回りを考えていた東京及びその近郊で、緊急事態宣言の発動。そのため、この日本滞在時の内容が大きく変わってきた、、、。まず、香港のホテル隔離。これが3週間に延長されたため、日本から香港に戻る日を1週間前倒し。日本滞在自体が短くなった。それから、1月前半に予定していた顧客回り。これも、夜の会食を17時ごろからスタートしたり、昼のランチに切り替えたり。色々な変更が出てきている、、。緊急事態に突入した日本、まだまだ更なる変更が出てきそうだ。

こうした緊急事態も度々起こるものではない。精一杯楽しもう。

カテゴリー 日記


1月4日(月)「限定的、集中的」

本日の菅首相の記者会見。「1都3県を対象にした緊急事態宣言、限定的、集中的に行う事が効果的」との発言があった。この「集中的」、期間は1ヶ月程度。「限定的」は、飲食店、特にお酒を出すお店を対象に行うという事だろう、、、。ところで、この限定的な対象にされてる(お酒を出す)飲食店、緊急事態宣言に対してどのように対応するのだろうか。政府の求める時間短縮は夜の8時。そうなると飲食店、特にお酒を出すお店にとっては、売り上げ半減どころではない、、。こうした状況の中、多くの飲食店が、政府の緊急事態宣言に対してすんなりと従うのかどうなのか、これ大いに興味がある。

風雲急を告げる時代、飲食店の対応に注目だ。

カテゴリー 日記


1月3日(日)「4つの胃袋」

今年の干支は「丑」。その牛について面白い話を聞いた、、、。なんと、この牛、1日に食べる草の量が60キロ。そのため、食事に費やす時間は8時間以上。起きてる時間の半分以上は食事に費やしていることになる。その食事以外にも、一度飲み下した食べ物を再度口の中に戻し再びに飲み直す「反芻」と呼ばれる行為。これにも時間をかける。なんやかやで、起きてる時間の大半を食べる行為に費やしているようだ。このため、牛には4つの胃袋が備わっているとか、、。まさに食べる事が仕事の牛。幸せなのか、そうじゃないのか。

しかし胃袋が4つあるとは。驚いた。

カテゴリー 日記


1月2日(土)「PK専門ゴールキーパー」

先日から始まってる全国サッカー選手権大会。コロナ禍の中、観客制限して開催されている。その全国サッカー大会で面白い場面があった、、、。1回戦の前橋商業VS神村学園の一戦。終了間際に連続ゴールで逆転した神村。一方、1点差ながら勝負を諦めない前橋商業は、終了間際に、ペナルテーキック戦専用のゴールキーパーの投入を考えた。終了間際数分の段階でのこの手。まず、同点ゴールを決め、ペナルティキック合戦に持ち込み、そこでPK専門のゴールキーパーに立ち回ってもらう。残念ながら、監督の意図したように現実は回らなかったが、この奇策、なかなかだった、、。しかし、PK専門ゴールキーパーとは、、

延長戦のない高校サッカーの1、2、3回戦。PK戦になる可能性、結構ある。今後、PK専門のゴールキーパー、出てくるかもしれない。

カテゴリー 日記


1月1日(金)「納得、行動、貢献」

皆様、「明けまして、おめでとうございます。今年も宜しくお願い致します」。2021年の幕開け。元旦に因んで、今年の抱負について考えてみた、、、。ところで、「抱負」と言うと、<心の中でいだいている決意や志望>の事。これ、「目標」とどう違うのだろうという疑問が起こった。「目標」は、<そこに行き着くための目印になるもの>。すると、抱負は、<目標と目標までのプロセス>。目標は、<ゴール地点>と言い換える事ができる、、。と言う事で、今年の抱負、「(ちょっと長いが)自分の「納得」のために生きると言う目標のため、そのプロセスとしての「行動」と「貢献」に重きをおく」と思い至った。「納得」「行動」「貢献」だ。

2021年のキーワード、「納得」「行動」「貢献」、この3ワードになる。

カテゴリー 日記


12月31日(木)「withコロナ」

つい先日年明けと思っていたら、もう今日は大晦日。月日の経過は、ホント早いものだ、、、。ところで、2020年はコロナに翻弄された1年だった。1月後半の南太平洋を旅行中にマスク姿の人達を見かけ、「あれっ」と思った。数ヶ月で治るだろうと思ったコロナウイルス。暑くなっても治る気配はない。一進一退を繰り返しながら、気がついてみれば12月。香港も日本も、新たな感染が治らず、年越しどころか、来年いっぱいこのコロナの影響が出そうな感じだ、、。と言う事で、いかにコロナと付き合っていくか、これが2021年のテーマとなりそうだ。

東京オリンピックを控える2021年。どんな1年になるのだろう。

カテゴリー 日記


12月30日(水)「自分の納得のために生きる」

たまたま本を読んでたら、面白いプレーズに目が止まった。「自分の納得のために生きる」というフレーズだ、、、。本を読み進める中、このフレーズを見て、脳が反応した。「自分の納得のために生きる」、すごく簡単で、使い尽くされてるようなフレーズ。なぜ、今のこの時期、このフレーズに響いたんだろう。考えられるは、自分自身が(その潜在意識の部分で)納得するような動きや生き方をしてないと言う事。そうでなければ、殊更このプレーズに反応したりはしなかっただろう、、。「自分の納得のために生きる」、これ、2021年の目標の真ん中に据えてみよう。

という事で、自分の生き方について振り返るいい機会になった。

カテゴリー 日記


12月29日(火)「芸能事務所退社」

オリエンタルラジオの「中田敦彦」と「藤森慎吾」が独立。年内で、「吉本興業」とのマネジメント契約を終了するようだ、、、。吉本興業は言ってみれば、芸能事務所。芸能事務所の仕事は、「スターの卵を発掘、育成。そして、テレビ、雑誌、映画への売り込み。メディア出演で得た収益を、事務所とタレントで分ける」、こんな感じだと思う。だが、中田敦彦のように独自の人気YouTubeチャンネルを持つ人間にとっては、中間の芸能事務所は手数料をかすめる存在でしかなくなる。そして行き着く先は、芸能事務所の退社、独立という選択肢だ、、。という事で、今後ますます、芸能事務所を引退する歌手、芸能人でてくるのだろう。まあ、これも時代の流れか。

芸能事務所、今後どのような形で、その存在意義を示していくのだろうか。

カテゴリー 日記


12月28日(月)「テレビ対策」

「通常だとほとんど時間を取られる事がないが、日本滞在時は結構時間取られる」、それは「テレビ鑑賞」の時間だ、、、。夜、夕食時に何気にテレビを点けると「志村けん」の追悼番組をやっている。今年の春先、コロナウイルス感染から死亡した志村けんの特別番組だ。いかりや長介や加藤茶などドリフターズの面々とのやり取りが面白くて、そのままテレビを見てると、和田アキ子や笑福亭鶴瓶やダウンタウンの面々が出てくる。テレビをパッと点けただけのつもりが、延々と見る羽目になった、、。時間を目一杯吸い取る日本のテレビ番組。その鑑賞、十分注意しないと。

という事で、日本滞在時のテレビ対策、とても大事だ。

カテゴリー 日記


12月27日(日)「4回転サルコー」

たまたまテレビを点けていたらフィギアスケートの全日本大会を行ってる。女子のフリー。4回転サルコーを成功させた紀平梨花が優勝した、、、。優勝の紀平も、2位の坂本も素晴らしい演技だった。が、それ以上に良かったと思ったのが、3位の宮原。プッチーニのトスカを華麗に、そして力強く舞った。あの華奢な体で、後半の迫力の部分も力強く踊りきった。フィギュアスケートを真面目に見るのは、浅田真央とキムヨナのオリンピック対決以来だと思うが、なかなか楽しめた、、。たまには、フィギュアスケートも楽しめる。

繰り返しリプレイされる紀平の4回転サルコー。あまりの速さに、何度見ても4回転数える事ができない。

カテゴリー 日記


« 前のページ次のページ »