3月22日(月)「波音」

昨日、オーディブルの案内を見てたら面白いそうなのがあった。「ケープコッド国立海岸公園」。「一体何だろう?」と聞いてみた、、、。まず、このケープコッドという場所を知らない。「アフリカ西海岸かな?」と思いながらググると、アメリカ東海岸、マサチューセッツ州の港街のようだ。このオーディブル、時間にして2時間強。「ここの街紹介みたいなものがあるのかな?」と聞いてみた。すると、岸辺に波が押し寄せる音。この自然音が延々と続く。で、この製作者は、「人工音にならないように、極力自然音にこだわった」と、、。延々と寄せては引く波音の連続、これを聞いて心が休まるという人が多いのだろうか。

瞑想と同じで、この波音、2分もしないうちに飽きてしまった。これを2時間聴き続けるのは、結構大変だ。

カテゴリー 日記


3月21日(日)「オリンピック橋」

動画作成用にグーグルアースを見てたら、香港の坂道特集と言うのがあった。見ると、沙田の万人仏の坂道やチムサチョイの文化中心の階段、セントラルの坂道などが紹介されてる。その中に、コーズウエイベイの「オリンピック橋(奥運橋)」があった、、、。このオリンピック橋、コーズウエイベイのリーガル香港ホテルのすぐ近く。歩道橋の階段の部分に、各オリンピック開催年度と都市名が書かれている。また、通りの部分に、「速く、高く、強く」のオリンピックモットーも書かれている。これら、案外目立つものだが、今までこの歩道橋何度か利用したが、これらに全く気が付かなかった、、。このオリンピック橋、案外楽しめる。

ところで、海外からの客を受け入れない事になった東京五輪。どんな形で開催されるのだろう。

<コーズウエイベイにあるオリンピック橋>

カテゴリー 日記


3月20日(土)「残念なやり方」

以前よく通った上海料理のお店。ここから、宣伝メールが届いた。系列のK11MUSEA店で、65%割引コースがあると。65%引きとは、なかなか大胆。4人コースなので、友達3人を誘ってでかけてみた、、、。ところで、当日の昼、お店側から連絡が入った。夜の19時予約を入れてもらった訳だが、「終了時間を20時にしてくれ」と。中華料理の食事で、19時に始まって20時終わりは短かすぎる。「それは無理。最低21時半までは使う」と突っぱねた。夜、お店でオーダーする時、宣伝メールの65%引きを頼んだが、「これ事前予約が必要」とか。ちらしとは別に、中文で書かれた注意事項に(小さく)「このメニューは事前予約が必要」と書かれていた、、。ちょっと残念なやり方だった。

このお店、雰囲気がいいので勿体ない。オペレーションを変えれば、人気店になると思うのだが。

カテゴリー 日記


3月19日(金)「多拠点生活」

最近よく聞く言葉の一つに「多拠点生活」がある。この多拠点生活、コロナ禍の中、感染リスクの高い都会での生活を避け、郊外に生活や仕事の場を持つ動きを指すようだ、、、。コロナウイルスの蔓延で生活や移動に不自由を強いられているが、悪い事ばかりでもなさそうだ。その一つが、この多拠点生活。今までは多拠点での生活、考えてみなかった人達が多いと思う。が、コロナの蔓延で、仕事環境、生活環境を考えざるおえなくなった。そうした中、デュアル生活や多拠点生活みたいな新しい価値観が現れたのはすごくいい事だと思う、、。既存ルールから離れた、いろんな形の生活スタイルが現れればいいなー。

郊外で日々の仕事、生活を行い、たまに都会に刺激を受けに行く。こうした人達、増えそうだ。

カテゴリー 日記


3月18日(木)「五木ひろし(似)」

先日対談した知人。その動画の編集作業を続けながら、「この知人誰かに似てるな〜」と思っていた。そして、はたと閃いた。「若き日の五木ひろし」だと、、、。「五木ひろし」と言うと、いわずとしれた大演歌歌手。また、作曲家でもあり俳優でもある。紅白出場50回以上、音楽プロダクションの経営も行ってる。細い目とこぶしが特徴だ。ところで、この知人の動画用のサムネイルを作るときに、目を細めて、にやりと笑った画像を見ながら、まさに若き日の五木ひろしそのものだと思った、、。サムネイルのタイトル、「五木ひろし(似)」にしてみようか。怒られるかな〜。

20歳のユーチューブの先生は、五木ひろしを知らなかった。少し驚いた。

カテゴリー 日記


3月17日(水)「降り遅れ」

朝、MTRに載っていたら、インド系の男性が「しまった!」みたいな言葉を発した。どこの駅で降りる予定だったかはわからないが、携帯に熱中するあまり(最寄りの駅に)降り遅れたようだ、、、。ところで、この降り遅れ、よくある。「東鉄線で上水駅に行く予定が、間違えて西鉄線に乗車。元朗駅のあたりまで全く気が付かない」とか、チムサチョイで降りる予定が、気が付けばアドミラリティ駅まで来てるとか。これ、すべて理由は携帯。短い移動時間も無駄にできないと携帯に熱中。降り遅れて、大幅に時間をロスする事よくある、、。電車で移動中の携帯を使った作業、ほどほどにしないと。

今までは、電車への「乗り遅れ」が普通だったが、これからは「降り遅れ」の人達が増えそうだ。

カテゴリー 日記


3月16日(火)「今年は令和何年?」

日本で合同会社を作る際に、署名証明書が必要になった。そのため、久々にセントラルの日本領事館を訪ねた、、、。非居住者が日本で法人を作るのは面倒。印鑑証明書等がないため、いろんな書類が必要になる。まず、領事館に出かけて署名証明書の申し込みをした訳だが、今日現在の日時記入から戸惑った。2021年3月○日はずだが、申請書には「令和◯年○月○日」と書かれている。「えっ、今年は令和何年?2年、3年、それとも4年」と。携帯をググって、やっと今年は令和3年という事が判明した。その後、窓口に書類提出しょうと出かけると、そこに「今年は令和3年」の張り紙が、、。今年が令和何年。わからない人、結構いるのだろう。

すべての書類様式、西暦に統一した方がいいと思うのだが、、

<今年は令和3年の貼り紙>

カテゴリー 日記


3月15日(月)「時刻表廃止」

長い間JALや全日空で親しまれていた「時刻表」。これが、この3月をもって終了するようだ、、、。昨年から続くコロナ禍。航空各社も大変な事だろう。国内線の需要はあるといっても、これも通常の年よりは極端に下がっているはず。これが、国際線になると壊滅的状況。人員削減や経費カットで会社の存続を図らないといけない。時刻表廃止も、こうした経費カットの一つだろう。ところで、この時刻表、どこまでニーズがあったのだろう。携帯で検索すると、すぐアップデートの情報が出てくる。そうした中、紙媒体の時刻表のニーズ、これもかなり限定的なものだったのだろう、、。紙媒体の寿命、ますます短くなってきている。

そう言えば、「鉄道時刻表を見るのが趣味」と言ってた知人がいる。これも、いつまで楽しめるのだろう。

カテゴリー 日記


3月14日(日)「虎の巣」

これまでユーチューブ上で紹介してきたのは、今までに訪ねた国々。これを、これから行きたい国を紹介する事にした、、、。その行きたい国、第一回、どこを紹介しょうかと思った。コンゴ、ナイジェリア、パプアニューギニアなどが候補に上ったが、採用したのは「ブータン」。理由は、「虎の巣」に行ってみたいから。この虎の巣、たまたま瞑想の本を読んでたら出てきて、興味を待った。幸せの国ブータンの中にあり、標高2500メーター。その行きにくさも、魅力の一つ。虎の巣を含めたブータンのパワーポイントを作りながら、虎の巣を訪ねたい気持ちが一層強くなった、、。コロナ禍のゴタゴタが解決すれば、すぐにでも行ってみたいところだ。

虎の巣以外にも、世界一着陸の難しいパロ空港に、石焼風呂。ブータンは、なかなか魅力的な国だ。

<崖っぷちに建つ仏教僧院の虎の巣>

カテゴリー 日記


3月13日(土)「ザンジバル」

朝、ZOOMでミーテイングをした知人。このコロナ禍に於いても、海外のリゾート地を飛び歩いている。モルジブからスタートしてドバイ。今現在は、タンザニアの「ザンジバル」にいるようだ、、、。何かと制限の多い、このコロナ禍。それにも関わらず、移動を続けてるこの知人。こうした状況下だからこそ、見えてくるものもあるとか。例えば、ザンジバル。チェコやロシアからの観光客が多いようだ。対岸のタンザニアの首都ダルエスサラームは、閉まってる飲食店も多いようだが、ザンジバルはのどかで平和なものとか。アライバルビザで1年滞在のものも取れたりするようで、すごく気楽な状況とか、、。同じコロナ禍でも、厳格に閉めるところもあれば、開放するところもある。面白い。

この知人、一旦ドバイに戻り、それからパキスタン。そしてジョージア。旅は、延々と続くようだ。

カテゴリー 日記


« 前のページ次のページ »