「紀元前7−5世紀に統一国家を形成したアルメニア。紀元301年には、世界で初のキリスト教国教化を行っている。エチミアジンは、紀元301年にアルメニア正教の大主教座が置かれ、この時にエチミアジン大聖堂も建造されている。エチミアジンは、現在も、アルメニアの人達にとって「聖地」として崇め奉られている。」

「正門」
ここに描かれてる絵、これを見るだけでも楽しめる。

「改装中の大聖堂」
アルメニア人の聖地の大聖堂。残念ながら、改装中だった。

- 旅で出会った現地人 -

「老父」
土産物を売る老父。なんか、絵になりそうな風景だ。

- ベストフォト -

50代女性:これが、「ノアの箱舟」が山頂に至ったと言われるアララト山ですよね。是非、行ってみたい!!ーーーでも、アララト山、確かトルコですよね?