「アゼルバイジャンの首都バグーの最大の観光地旧市街。その中に、どこの観光名所より人目を引くお店があった。猛々しいライオンの顔と、緑色の草花が程よくマッチ。絶好の被写体となっていた。そのうち、旧市街の中でも有数の観光名所になるのだろう。」

「百獣の王」
百獣の王、ライオンの顔の彫り物と植えられた草花が見事にマッチ。芸術を作り出している。

「フォトジェニック」
通りがかりの人達が、思い思いに写真撮影に興じていた。いい被写体だ。

- 旅で出会った現地人 -

「熟視」
ライオンの顔をじっくりと見入る人。これだけ、じっくりと見られると、ライオンも緊張するだろう。

- ベストフォト -

50代女性:ハイヒールにねじ巻き時計にライオンの顔。何でもありのここ、飲食店なんですね。ーーー素敵!