「エチオピアの都市バハルダールは、ブルーナイルの源流で、エチオピア最大の淡水湖、タナ湖沿岸に開けた街。人口20万、観光と綿工業が盛んな街だ。湖沿岸ながら、標高1880メーター。年間を通して、快適な状態で過ごせる。ここでは、ペリカンやカバを見ることが出来る。」

「匂いで充満」
まず、空港内を、草を焼いて匂い(煙)で充満させる。

「コーヒーの営業」
独特の匂いに不審に思った人達にコーヒーを勧める。

- 旅で出会った現地人 -

「コーヒーガール」
コーヒーをオーダーした人達に、笑顔で注いで回る。

- ベストフォト -

50代女性:この、空港内を匂いで充満させ、コーヒーを売る。よく考えたものです。しかし、危なくないのでしょうか?