「クウェートの首都クウェート市。ここの中央に位置する「スーク・アル・ムラバキア」。ここは、異なる種類のたくさんのスークの集合体。食器、衣類、香水、そして野菜や果物。ありとあらゆるものが売られている。そうした意味では、オマーンの首都マスカットのスークや、バーレーンのマナマのスークとは色合いが違う。周辺に地元料理のレストランも多いので、何かと楽しめる場所だ。」

「白と黒」
白い衣装の男性に、黒い服の女性。対照的だ。

「男性オンリー?」
スーク内の飲食店で見かけるのは男性のみ。まさか、女性がレストランに入れない、ということはないと思うのだが、、。

- 旅で出会った現地人 -

「地元の子供達」
スーク内を見学する地元の子供達。結構、可愛らしかった。

- ベストフォト -

50代女性:この子たち、感じからして女子高生ですよね?ーーーイスラムの子達、写真への抵抗ないんですね!!