「2020年の4月18日訪ねた香港、九龍サイドの黄大仙廟。道教と仏教の混ざった神で、商売繁盛の神でもある。コロナウイルス蔓延防止下の香港では、経済活動が制限され、ピンチの企業が多い。こうした時期、この黄大仙廟に神頼みに行く人が多いかと、早朝の黄大仙を訪ねてみた。が、残念ながら、この黄大仙廟、4月30日まで閉館になっている。きっと、神頼みしたい人が多いと思うが、この黄大仙廟の再開、5月2日以降とか。2日以降、再度、訪ねてみよう。」

「黄大仙廟」
黄大仙廟は、道教と仏教、そして儒教が混ざったような感じの寺院。主に、病気平癒祈願の寺院と言われるが、商売繁盛を求めて参拝する人達も多い。

「営業時間短縮、そして閉館」
開放時間の14時までの短縮。それから、4月30日までの閉館。時間短縮に閉館、寺院もウイルス感染防止に動いている。

- 旅で出会った現地人 -

「閉館案内に見入る人」
閉館の案内に見入る人。5月2日から、再オープンと言われているが、大丈夫だろうか?

- ベストフォト -

50代女性:黄大仙駅は、香港人のお友達の結婚式で訪ねた事があります。懐かしい!!